忍者ブログ

池田哲次のDTMメモ帳

 楽器も弾けない音楽初心者である池田哲次が、楽曲作成で学んだコツや理論を書き留めておく予定。

フリーのDAW、Tracktion 6を使ってみよう - 2 ~日本語化・初期設定~

ダウンロード・インストール←前

 インストールしただけじゃ使えません。何よりまだ英語のままです。
 ということで初期設定をやっていきましょう。


 画面上から「Settings」を選び、左にあるメニューから「General Behaviour」を選択します。そして、「Font」の右にある「…」をクリックしてください。
 この図の通りにクリックすれば良いです。


 するとあなたのパソコンにインストールされているフォントがズラッと出てくるので、「MS UI Gothic」を見つけ出して選んでください。

 

 フォントをちゃんと選んだら「Get Additional Language」から「Japanese」を選びましょう。
 これで日本語データがダウンロードされ、日本語化したメニューが表示されることでしょう。





 フォントはパソコンにインストールしてあるものであれば何でも使えるので好みのものに変えておきましょう。細めのゴシック体がちょうど良さそうです。手書き系フォントにするとメチャクチャ笑えるのでそれはそれでありかもしれません。
 フリーフォントだけに限っても挙げていけばキリがないほど存在しますので、自分の好みに合うフォントを探すのも楽しいです。個人的なオススメは「源真ゴシック Regular」と「スマートフォント UI」。これ以降は基本的にスマートフォント UIを使用していきます。

フォントフリー - 無料で使える日本語フォント投稿サイト

 ちなみに、フォントを変えなかったり似ているけど違うフォントをうっかり選んでしまう(よく見ると日本語ダウンロードのスクショでは「Microsoft Sans Selif」を選んでいることが確認できる)とご覧の通り。



 大惨事である。

 これは日本語(ひらがな・カタカナ・漢字)が表示できるフォントが少ないためです。日本語を表示できるフォントは大抵名称に日本語を含んでるのでフォントを選んでる段階では見えてないものがほとんどですしね。
 実際、フォント選びのスクショで右側が不自然に空いていますが、MS UI Gothicではちゃんと表示してやるとこの通り。





 日本語化が終わったらちゃんと音が鳴るかどうかの確認だけでもしておきましょうか。
 「オーディオデバイス」タブを開いて、画面中央ちょっと上の「テスト」というボタンを押してください。



 ファ~ンというような音が鳴ればOKです。Tracktionが起動時に接続されている機材に応じて勝手に設定してくれてるはずなので、多分鳴ると思います。
 次に、マイクを使用する方はマイクのスイッチを入れて何らかの音を入力してください。音に合わせてメーターが動けば問題ありません。
 最後に、64bitのパソコンを使用している方は右下の「トラックのミキシング時は、64ビット演算を行う(より多くのCPUを使用する)」にチェックを入れておいてください。

 今のところはこれだけで良いです。が、ちょっとおまけ。
 「一般設定」の「配色」を変えてみると面白いですよ。

拍手[2回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

プロフィール

HN:
池田哲次
Webサイト:
性別:
男性
職業:
大学生
自己紹介:
Twitter@ikeda_tetsuji

メールアドレス
ike_dxhcnkdyjg◎yahoo.co.jp
◎を@に変えてください

最新コメント

[03/26 趣人]
[02/15 とまて]
[02/09 池田哲次]
[02/09 NONAME]
[02/05 fdp]

P R