忍者ブログ

池田哲次のDTMメモ帳

 楽器も弾けない音楽初心者である池田哲次が、楽曲作成で学んだコツや理論を書き留めておく予定。

自分の知る64bitフリーVST全部詰め - シンセサイザー

量が多いので、説明文を翻訳する段階になったら分割するかもしれません。


―ここから減算合成・バーチャアナログ(VA)シンセ―
 オシレーターで生成した波形にフィルターをかけて音色を作る最も基本的なシンセ。

Obxd
 Win/MacVST/AU/Linux対応。
 Oberheim OB-Xを基にしたプラグイン。

FB-3300FB-3100StigmaRagnarökNablaMono/Fury
KernThe bloooThe scroooThe qyooo
 概ねWin/MacVST/AU対応。Ragnarök・blooo・scroo・qyoooはWinのみ。
 上段はシミュレート系。順にKORG PS-3300、KORG PS-3100、KORG Sigma KP-30、80年台のWindows用シンセ、KORG Delta DL-50、KORG Mono/Poly。
 The scrooはここに分類してよいものとは思えないが他のどこに入れるべきなのかも分からない。

PG-8X
 Win/MacVST/AU対応。
 JX-8Pにインスパイアされたプラグイン。

helm
 Win/MacVST/AU/VST3/Linux対応。
 クロスプラットフォームで動くオープンソースのシンセ。

TAL-NoiseMakerTAL-Elek7ro-II
 前者はWin/MacVST/AU/AAX対応。後者はWin/MacVST/AU対応。
 TAL-Elek7ro-IIを改良したのがTAL-NoiseMaker。

Synth1
 Win/MacVST/AU対応。
 作者が日本人。シンセ入門に最適と言われ、チュートリアルやプリセットが多数出回っている。

Lokomotiv
 Win/MacVST/AU対応。
 簡単にパワフルな音が作れるよう設計されている。それを表すかのようにパラメーターが少ない。

Kairatune
 Win/MacVST/AU対応。
 リードシンセやベース、サウンドエフェクトなど派手な音に特化したモノフォニックシンセ。プリセットにパッドがあることについては突っ込んでいいのか。
 ADSRなどの時間表記が一拍を基準に書かれている。

FreeAlpha
 Win/MacVST/AU対応。
 有料シンセAlphaの機能制限版。

Synister
 Win/Mac/AU対応。
 各セクションが収納できるため見通しがいい。

Model-Eneon
 Win/MacVST対応。
 それぞれ別のプラグインも同封されている。
 Cubaseで知られるVSTという規格を策定したSteinbergの制作物。AUが無いのはそのせい。

HY-Mono
 Win/MacVST/AU対応。

BrainStormer
 Win/VST3対応。

MauSynth
 Winのみ。
 UIがメトロ、スチール、ブラックの三種から選べる。

―ここからハイブリッド―
 ハイブリッドというのがやんわりした言葉なので別の意味で使われることもあるが、概ね「デジタル的な手法で生成した波形をアナログフィルタで処理するシンセ」を指すらしい。
 VSTプラグインは全部デジタルなので「普通の減算合成シンセよりもオシレーターで選べる波形が多い」ぐらいの意味にしかならないと思う。

ZebralettePodolskiTriple CheeseTyrellN6
 Zebralette、Triple CheeseはWin/MacVST/AU/VST3/AAX対応。
 PodolskiはWin/MacVST/AU対応。
 TyrellN6はWin/MacVST/AU/VST3/Linux対応。

Cobalt
 Winのみ。
 1980年代の多数のハイブリッドシンセにインスパイアされたプラグイン。それらを基にした26の波形が使える。
 GUIが縦に大きいので1600*900ぐらいのサイズが無いとディスプレイからはみ出す可能性が高い。

Marazmator
 Winのみ。
 3つのオシレーターに互いに変調をかけてエグイ音を作れる。

―ここから加算合成―

TuneFish
 Win/MacVST/AU/Linux対応。

Sprike
 Win/Mac対応。
 TuneFishの機能追加版。

―ここからFMシンセシス―
 波形を使って別の波形に変調をかけて変な音を作る、ということだけはわかった。(わかってない)

Dexed
 Win/MacVST/AU/Linux対応。
 名機とされるYAMAHA DX7を忠実に再現したプラグイン。実機のプリセットをネットから拾ってくればそのままの音が使えるとかどうとか。
 フリーのFMシンセと言えばこれとよく言われる。

Oxe FM Synth
 Win/Mac/Linux対応。

JuceOPL
 Win/Mac/Linux対応。

VOPMex
 Win/MacVST/AU対応。
 ディベロッパーが日本なのでマニュアルが読みやすい。

―ここからモジュラーシンセ―

Crystal
 Win/Mac対応。

Aalto
 Win/Mac対応。

Synister
 Win/Mac対応。

Kamioooka
 Winのみ。
 作者が日本人。

―ロンプラー―

Syntronik Free
 Win/Mac/VST3対応。
 機能制限で50のプリセットが使える。

―その他―

RP2A03SN76489PAPUSID
 Win/MacVST/AU対応。
 レトロゲーに搭載されていた音源チップのエミュレート。それぞれファミコン、セガ・マークIII、ゲームボーイ、NINTENDO64。

FamiBoy Synth
 Winのみ。
 ファミコン音源とゲームボーイ音源の再現。作者が日本人。
 GUIがなくMIDIのコントロールチェンジで音色を指定するのだが、その番号があまり一般的ではないためDAW内蔵のMIDIエディタでは編集できない場合がある。Dominoを使用して(定義データが同封されている)作成したMIDIデータをDAWに取り込むという方法での使用を想定しているようだ。
 GB特有の波形メモリ音源が使える64bit対応プラグインはこれしか見つからなかったので、多少の手間は覚悟でこの音源を使う価値はある。

Digits
 Win/Mac/Linux対応。
 カシオ CZシリーズにインスパイアされたPDシンセ。ただしエミュレートってわけではない。

PolyGAS
 Winのみ。
 グラニュラーシンセシス。

Lord Of The Springs
 Winのみ。
 物理モデリング。

―ここから細かいエディット不可―

SynthMaster Player Free
 Win/MacVST/AU/RTAS対応。
 フリーでは300程度のプリセットが選べる。$29.00で1100程度のプリセットから選べるようになり、$49.00払うか$29.00でSynthMaster Playerからアップグレードすることで音色のエディットが可能になる。

SyndtSphere
 Win/MacVST/AU対応。iOSでも$1.99で売ってるらしい。
 Syndtの機能限定版。球体を回してプリセットを選択する。

Enzyme Player
 Win/MacVST/AU対応。
 機能制限版。

Autogun
 Winのみ。
 プリセットが自動生成される。その数4294967296。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

プロフィール

HN:
池田哲次
Webサイト:
性別:
男性
職業:
大学生
自己紹介:
Twitter@ikeda_tetsuji

メールアドレス
ike_dxhcnkdyjg◎yahoo.co.jp
◎を@に変えてください

最新コメント

[03/26 趣人]
[02/15 とまて]
[02/09 池田哲次]
[02/09 NONAME]
[02/05 fdp]

P R