忍者ブログ

池田哲次のDTMメモ帳

 楽器も弾けない音楽初心者である池田哲次が、楽曲作成で学んだコツや理論を書き留めておく予定。

自分の知る64bitフリーVST全部詰め - コンプレッサー

個々のコンプレッサーの音の特色を正確に把握できているとは言えないので、ほぼディベロッパーの自己申告の受け売りです。


OTT
 WIn/MacVST/AU/AAX対応。
 マルチバンドコンプレッサー。定番シンセの一つに数えられるSerumの会社が制作しており、マスタリング用というよりはシンセの音作り用の趣が強い。

DC1A
 Win/Mac/AU/VST3/RTAS/AAX対応。
 UIはインプットとアウトプットだけのシンプルなもので、存在感はないもののいい感じにサチュレーションがかかってて、ドラムにかけても十分なパンチが残る感じを目標に作ってる様子。

Rough Rider 2
 Win/MacVST/AU/VST3/AAX対応。
 ヴィンテージ的な暖かみを付与する。万能なコンプレッサーではなく、バッキングやシンセベース、そしてドラムなどリズミカルなトラックに使用する用らしい。
 Ratio1000:1という馬鹿みたいな数値に設定できるためこいつにしか作れない音が作れるともっぱらの評判である。

BasicComp
 Win/VST3対応。
 自然にダイナミックレンジを圧縮することに特化したプラグイン。
 日本人である作者が詳しい解説を書いているので詳細はそっちを参照。

DCAM FreeComp
 Win/MacVST/AU/RTAS/AAX対応。登録必須。
 バスコンプレッサー。

TDR Kotelnikov
 Win/MacVST/AU/AAX対応。
 既に存在しているコンプレッサーをエミュレートしない、デジタルであることに誇りを持ったコンプレッサー。
 パラメーターが多いのでやや玄人向け。その分使いこなせれば強いのだろうが。
 「ステレオバスに限らずどんな用途でも使えます」といったことが書いてあるが、コンプレッサーにしてはなかなかCPUを食うのですべてのトラックに突っ込むような使い方は難しい。

MJUC jr.
 Win/MacVST/AU/AAX対応。
 真空管コンプレッサーであり、倍音が付与されるためかなり音が変わる。

Max1
 Win/MacVST/AU/AAX対応。
 レシオとリリースタイムをプラグインが自動で設定する。

FETISH
 Win/MacVST/AU/AAX対応。
 FETタイプでありアタックが速い。ディベロッパーはベース、ギター、ボーカルなどに使用することを推奨している。
 インサートした時点で音が変わる。

Molot
 Win/MacVST/AU対応。
 音色が変わるタイプ。パラメーターが多いので初心者向けではない。

T-RackS Custom Shop Opto Comp
 Win/Mac対応。登録必須。
 光学式コンプ。

jsCompShaper
 Winのみ。
 KneeやShapingといった独自のパラメータがあり面白い効果が出せる。

Dancing Boy
 Winのみ。
 VCAタイプ。瞬間的なピークを抑えるのに向く。

S.LA.X
 Winのみ。
 光学式コンプであるLA-2Aにインスパイアされた。暗めのテイストになる。

Hybrid Bus Compressor
 Winのみ。
 ピークとRMSの両方を検出するバスコンプレッサー。2チャンネル用と5.1チャンネル用が同封。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

プロフィール

HN:
池田哲次
Webサイト:
性別:
男性
職業:
大学生
自己紹介:
Twitter@ikeda_tetsuji

メールアドレス
ike_dxhcnkdyjg◎yahoo.co.jp
◎を@に変えてください

最新コメント

[03/26 趣人]
[02/15 とまて]
[02/09 池田哲次]
[02/09 NONAME]
[02/05 fdp]

P R