忍者ブログ

池田哲次のDTMメモ帳

 楽器も弾けない音楽初心者である池田哲次が、楽曲作成で学んだコツや理論を書き留めておく予定。

【NNI】clone【オリジナル曲】

オリジナル曲「clone」をニコニコ動画に投稿してきました。




 最優先事項が作曲とシンセに慣れること、とにかく一曲作ってみることだったのでMIXは頑張ってません。Synth1縛りで作ったのも一番仕組みがわかってたシンセだからです。
 トラック数は16。リードシンセが二つ、コードを担当するベース、パッド、アルペジオ、プラック、リズム隊はSynth1の仕様上それぞれ別のトラックにキック、スネア、クローズハイハット、オープンハイハット、効果音としてリバースシンバルとライザーサウンド、スウィープダウンとインパクトサウンドが二種類。最後に、サビに使ったdblue Glitchを操作するためのトラック。そんなに多くない方じゃないですかね。

 アルペジオはLFO使って左右に振っても良かった気がしてます。
 というかすべての音の定位が中央なので、自分にもプラックが殆ど聴こえません。パッドとアルペジオとプラックの音高がほぼ共通なのも一因だと思います。
 プラックをどっちかに振ったほうが良いだろうとは思いつつ、どっちに振れば良いのか決めきれなくてこうなりました。明らかな反省点その一です。

 リズム隊はこの曲の中ではマシな出来だと思ってます。
 ベースは8分で裏打ちを基本として、たまにアクセントとして4拍目に5度音を入れてます。シンプルなのに飽きが来なくて好きです。

 反省点その二。インパクトサウンド。
 まず、ショボい。ドラム音源にリバーブをかけまくって作ったんですが、シンセに不慣れなせいか力強さに欠けます。インパクトサウンドとしては致命的です。
 もう一つは作ってる途中で気づけよって話なんですが、二つのインパクトサウンドのうち片方はスネアから作ったにも関わらず、ビルドでスネアと重ねて使っちゃってるんですよね。結果、同化しちゃってました。どうかしてるなぁ。
 ……はい。

 そこまで酷い出来だとは思いませんが、誰かがマイリストしてくれる程度のクオリティかと言われると自信が持てない感じです。点数をつけるなら甘めに見て42点ぐらい。
 まあ、寛大な気持ちで聴いていってください。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

プロフィール

HN:
池田哲次
Webサイト:
性別:
男性
職業:
大学生
自己紹介:
Twitter@ikeda_tetsuji

メールアドレス
ike_dxhcnkdyjg◎yahoo.co.jp
◎を@に変えてください

最新コメント

[07/10 takahiro shimoji twitterID → @hed197]
[03/26 趣人]
[02/15 とまて]
[02/09 池田哲次]
[02/09 NONAME]

P R